青春・学園もの

青春・学園もの




[PR]



2000年03月01日(Wed)▲ページの先頭へ
17歳のカルテ GIRL,INTERRUPTED
2000年/アメリカ/ジェームズ・マンゴールド監督
ウィノナ・ライダー,アンジェリーナ・ジョリー,エリザベス・モス,ウーピー・ゴールドバーグほか


評価:★★★
ウィノナ・ライダーとアンジェリーナ・ジョリーが出てる、ということで「見たい!」と思っていた作品。
世間体を気にする両親、誰も自分を理解してくれない、そう感じた17歳の少女が多量のアスピリンとウォッカを摂取し、精神病院に入院することになる。そこで出会う人、そこで感じること。そんなことが描かれている。

映画の原作は、1993年に出版されたスザンナ・ケイセンの「思春期病棟の少女たち 」という本で、彼女自身、精神病院で2年間を過ごしており、その25年後に当時のことを書き出版。ベストセラーとなり若い女性たちに熱狂的に支持されたそうだ。主演のウィノナ・ライダーもこの原作に惚れ込み、製作総指揮も買って出たとか。

希望と絶望、とまどいと導き、自由と拘束、信じられる心と裏切られる心、強い人と弱い人・・・そういうのって本当にわずかな差でしかなくて、うまく言えないけれど、そういうモドカシイ思春期のいろんなことが「精神病棟」という閉ざされた世界で描かれている感じか。正しいことと、そうじゃないことの境界線って、いろんな意味で難しいと改めて思ったり。
映画自体もすっかり夢中になって見てしまったが、原作をぜひ読んでみたい。
ところでアンジェリーナ・ジョリーは期待通りで、リサという役もピッタリ。ウィノナ・ライダーの映画はあまり見たことがなかったのだが、激しいリサに対し暗いというか、なんだか不安定なスザンナをうまく演じてたと思う。ただどちらも「17歳」には見えなかったかも?



1995年01月01日(Sun)▲ページの先頭へ
ウェルカム・ドールハウス Wellcome To The Dollhouse
1995年/アメリカ/トッド・ソロンズ監督 87分
ヘザー・マタラッツォ,エリック・メビウス,ブレンダン・セクストンJrほか

ウェルカム・ドールハウス
ウェルカム・ドールハウス

評価:★★☆
はっきり言って主役の女のコはかわいくない。いじめられっこで、逆に妹はかわいくて両親にかわいがられてて。主役の彼女は結構不幸なんだけど、まぁなんとか生きて行ける程度の不幸だと感じていて。「人間外見より心だよ」なんてコトも世の中では言うが、この主役の女のコは心もある程度捻くれちゃってる。でも最終的には妹思いの彼女だし、「ま、世の中ってこんなもんさ」って思える作品でした。結構好き。



   


まりちゃんず

関連リンク
おうちでワイン
おうちで読書
ころちゃんず
お気に入りリンク
Cinefil Imagica ムービープラス


しろのしう太日記、秀太選手応援日記
阪神タイガース情報サイト【トラライフ】

カレンダ
2017年4月
           
24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ
1934年 (1)
1月 (1)
1942年 (1)
2月 (1)
1946年 (1)
1月 (1)
1957年 (1)
3月 (1)
1960年 (1)
1月 (1)
1961年 (1)
1月 (1)
1962年 (1)
3月 (1)
1963年 (1)
1月 (1)
1979年 (1)
2月 (1)
1984年 (1)
2月 (1)
1987年 (4)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (1)
1988年 (5)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
1989年 (1)
3月 (1)
1990年 (1)
3月 (1)
1991年 (1)
1月 (1)
1993年 (2)
2月 (2)
1994年 (1)
1月 (1)
1995年 (1)
1月 (1)
1996年 (1)
2月 (1)
1997年 (1)
3月 (1)
1999年 (1)
3月 (1)
2000年 (1)
3月 (1)

アクセスカウンタ
今日:3
昨日:14
累計:122,249